リビング学習お役立ちコラム

リビング学習おすすめ間取り&レイアウト
リアルな実例紹介も!

リビング学習という学習方法が子育てに敏感な保護者の間で話題になっています。雑誌やTVでも特集が組まれ、主婦の友社出版「東大脳の育て方」でのアンケートによると、東大生の60%が子どものころから実践し「頭のいい子が育つ」と言われているリビング学習。この記事をお読みの方の中でも子ども部屋にではなくリビングに学習デスクを置く「リビング学習」の効果に注目している方も多いのではないでしょうか。
ただ、リビングに勉強スペースを作るとなると、「リビングに学習机を置いても違和感はないの?」「本当に効果的なの?」「実際は散らかるんじゃない?」「リビングで使いやすい机ってどう選べばいいの?」「レイアウトの仕方は?」など、さまざまな疑問や意見があるのではないでしょうか?
ただ流行りというだけではなく、リビング学習は親がしっかりと環境を整えてあげれば、いいことずくめの勉強法。皆さまの疑問にお答えする、リビング学習のメリットやデメリット、リビングの雰囲気を壊さない学習机の配置方法、最適な間取り、おすすめのレイアウトやコツをまとめました。

リビング学習のメリットとデメリット

リビング学習のメリット

リビング学習のメリットは、子供と親の距離が近い場所で勉強ができるというその学習環境そのものにあります。これにより親は子どもの様子を見守ったり、子供は分からない問題があってもすぐに質問をすることができるなど、会話を通して親子のコミュニケーションが深まることです。親が一緒にいることで程よい緊張感の中で勉強する姿勢が身に付きます。また、生活音や雑音に包まれたなかで勉強し普段からその環境になれることで、静かな空間でなくても勉強に集中できる力を養うことにもつながります。

リビング学習のデメリット

子どもに良い影響があると言われているリビング学習ですが、やり方によってはデメリットもあり注意が必要です。例えばダイニングテーブルで勉強をする場合、教材や文房具、消しゴムのカスが食事をするテーブルに散らかってしまうなど、普段の生活環境が煩雑になりストレスになるという問題点があります。おしゃれなインテリアにこだわっているご家庭などは、学用品でごちゃごちゃするのも気になりますよね。そのためにも勉強の後には掃除や整理整頓など片付けがすぐにできるよう、勉強道具を載せたまま移動できるテーブルマットを用意しておく、学習場所をあらかじめ考えて用意しておくなど、事前の準備が重要です。

リビング学習のメリット&デメリットについて詳しくは >

リビング学習のレイアウトのポイント

リビングに学習用の机を置いて「さあ、今日からリビング学習をしましょう」と言ったとしても、急にリビング学習の習慣が定着するわけではありません。
生活の場であるリビングに学習机を置くわけですから、家事やだんらんがしやすいことと、勉強嫌いの子どもも自発的に勉強したくなるような環境を両立することが大切です。

生活導線をふさがないように
学習机を配置する。

リビング学習を進めるうえで大切なのは、リビングは生活の場であり、学習の場であることを意識すること。そのためには机を置くことが、人の移動の邪魔にならないよう生活導線を確保することが大切です。その時にポイントとなるのが学習机の配置。ソファやダイニングテーブルなど、家族がよく通る導線と反対の位置に学習机を置くと、日々の導線を邪魔せず勉強中の子どもも集中しやすくなります。またリビングの雰囲気を壊すこともありません。

大人から見守れる場所に
学習机を配置する。

子どもが小さいうちは親が近くにいないと不安でリラックスが出来ず、なかなか落ち着いて勉強できないもの。子ども部屋に学習机を置くのではなく、お母さんがキッチンやダイニングで家事をしながらでも視線が届く場所に学習机を置くことが重要です。親子の距離が近づくことになり、その結果子どもがどんな勉強をしているのか、子どもの様子も把握できるというメリットがあります。苦手問題やわからないところがあってもすぐに教えてあげたり、日常的に勉強の話をすることで、親子の絆も深まります。自室に閉じ込めてしまうのではなく、勉強するわが子をそっと見守れる適度な距離感を保てる場所に学習スペースを用意してあげましょう。個室でなく親の目が届くスタイルのリビング学習は、子どもにとってもいつも見守ってもらえているという安心感やリラックス効果があります。

机の向き・サイズも工夫して。

リビング学習の机の配置で最も多いのが、リビングの窓や壁に向けて勉強机を置くパターンです。兄弟がいる場合には2人分の勉強机を並べて置くレイアウトにすれば、お互いに教え合いながら勉強することもできます。窓や壁に向けたレイアウトとする際にポイントとなるのが、リビングのインテリアと違和感なく机が置けるよう、幅が薄く低めのものを選ぶこと。壁にピタッと付くタイプであまり存在感のない机が理想的です。この時に大切なのが勉強机の奥行です。一般的な勉強机の奥行は約60cmですが、椅子のスペースが加わることを考えると前述した生活導線をふさいでしまう場合があります。また6歳児の腕の長さの平均が約48cmと言われているので、小学生低学年の場合、奥行の広いデスクだと普通に座った状態では奥に手が届かない場合もあります。そのため壁や窓に向けて設置する場合は奥行45cm程度のデスクの方が、導線の確保と子どもの使い勝手を両立できそうです。
また、キッチンカウンターに向かって机を置くケースもあり、ママがお料理する気配を感じながら、子どもも安心して勉強ができそうです。
さらに、もしリビングのスペースに余裕があれば、向かい合わせにするのもいいですね。 特に少し大きくなった小学生3年以上の兄弟などは、向かい合せにした机の間に本棚をはさんで勉強に集中できるようにするなど、子供の成長に合わせて机や家具の配置変更するのもよさそうです。

奥行き45cmのリビング学習に最適な「MiSEL」のリビング学習プラン >

部屋の出口がいつも見えるように

お母さんが出掛けている場合や共働きのご家庭のでは、子どもが学校から帰ってきてリビングで一人で勉強をする場合もあります。その時、部屋の出口が見えないように勉強机をレイアウトしていると、勉強の最中に誰かが帰ってきてリビングの扉を開けるたびに振り向くことになり、集中力が続かなくなります。可能であれば子どもの集中を続かせるためにも、部屋の出口が見える場所に勉強机を設置することをお勧めします。

ホワイトボードを壁際に置いて
スペースを有効活用

学習机を壁に設置する際、ホワイトボードを壁際に掛けてメモや伝言板として活用することも。おやつの置き場所やママの帰宅時間など、親から子どもへのメッセージボードとして活用したり、子ども自身もメモスペースとしても活用できて便利です。磁石がつく材質のモノにすればマグネットが付くので、プリントや時間割、スケジュールなど貼って、スペースを有効活用することも可能です。また、子供にとってデスクがお気に入りの場所になるように、好きなおもちゃなどを置けるスペースをつくるのも有効です。

マグネットで時間割やメモを貼れます。リビング学習に最適な「MiSEL」のリビング学習プラン >

リビング学習の注意点

リビング学習のレイアウトを考える際、机の配置やサイズだけを考えていれば良いというものではありません。教科書やランドセルなどの収納スペース、手元を照らす照明など、学習デスクにはいろいろな要素が求められます。ここではリビング学習をする際に見逃しがちな注意点をお伝えします。

テレビが見えないように

リビング学習のデメリットのひとつに、勉強している子ども以外の家族がテレビを見られないことがあります。でもニュースや天気予報など、子どもがリビングで勉強していても、テレビをつける必要があるときもあります。また兄弟のいるご家庭では、例えば中学受験を目指しているお兄ちゃんの勉強中に、小学校低学年の弟がアニメや教育番組を観てしまうこともあります。そんな時テレビが視界に入ってしまうと、ついつい気になって集中力が続かなくなってしまうことも。テレビを観る時と勉強する時のメリハリをつけやすくするためにも、テレビが見えない場所に机を配置するのがオススメです。どうしても視界にテレビが入ってしまうようなときは柱で目隠しになるような場所に設置するなど、レイアウトに工夫をしましょう。

電源を確保すること

勉強机では電気を使用するものが結構あります。手元を照らす照明、鉛筆削り、最近では小学生のうちからパソコンを使うケースもありますし、高学年から中学生になると携帯の充電も必要になり、様々な用途で電源が必要になります。そのため、リビング学習として活用する予定の場所には、電源を多く設置して、ライトも目にやさしいものを購入してあげましょう。LANケーブルの差込口もあった方が良いでしょう。

部屋の明るさに配慮すること

リビングの窓際や開けた場所に置ける場合は良いですが、そうした場所がない場合、学習机を暗い場所に置かざるを得ないケースもあります。ただ、そのままで放置しておくと子どもの勉強の意欲も下がってしまいますし、視力にも悪影響を及ぼす可能性もあります。部屋の照明をチェックしながら、できるだけ明るい場所に机をレイアウトし、どうしても暗くなる場合は、ライトを置いて出来るだけ明るくなるようにしてあげましょう。

勉強に使うモノはなるべく近くに収納

学習机の近くに子どもの好奇心を刺激するものがさりげなく置いてあると、勉強意欲を刺激されリビングで自然と学びたくなるものです。学習机から取りやすいところに辞書や図鑑、世界地図などを置いて学びに触れるきっかけを子どもに与えることで、自然と勉強したくなる気持ちを育みます。また、そのような教材が散乱しないように収納や引き出しを設けるなど、整理の工夫も必要です。学習机からすぐに手が届く位置に置くことで、いちいち取りに行く手間を抑え、集中が途切れることを防ぎます。学習机の近くにコンパクトに収納スペースを設けることで、サッと勉強道具をしまうこともでき、リビングが散らかるのを防ぐことも。宿題や予習復習などが終わったら自分から片づけることを習慣づけ、リビングの空間を損なわないようにすることも大切です。

ランドセルや教科書も使いやすい位置に収納。リビング学習に最適な「MiSEL」のリビング学習プラン >

上部に人の気配を感じさせないように

最近の一軒家ではリビングに階段がついている間取りが増えています。階段下のスペースが余っているからといって、そこに学習デスクを置こうとするご家庭は多いですが、これはお勧めできません。子どもが勉強している時にも家事をするために2階に上がることは多々あります。そのたびに頭の上に人の気配を感じると集中力が削がれてしまいます。学習机をリビングに設置する際は、上部に人の気配が感じない場所にしましょう。また、勉強机の上には教科書や参考書などを置くスペースも必要です。それらを収納する場所としても学習デスクの上部スペースは開けておくことをお勧めします。

実例から学ぶ
リビングデスクのレイアウトと使い方

それでは、実際にリビング学習を実践しているご家庭の様子を見ながら、リビングデスクの置き場所や使い方について見ていきましょう。

家事をしながら見守れる、
壁向きの位置に設置

S様のお宅では、キッチン・ダイニングから近い場所の壁際にリビング学習デスクを設置。キッチンからデスクは見えない位置ですが、声や様子はうかがえるという適度な距離感が、子どもにも親にも居心地のいい間取りになっています。

キッチン・ダイニングから見守れる場所に置くことで、「夕食の支度中にも子どもの勉強を見守れる」と話すS様。家事の合間にも、分からないことがあったらすぐに声をかけてくるようになったとのこと。リビング学習が、親子のコミュニケーションにも一役買っていました。 S様は共働きで、子どもとのふれあいの時間が少ないことを気にされていましたが、この場所なら子どもが一人で寂しがることもありません。

また、下の子と一緒に遊んであげている時も、勉強中の上の子が集中を切らさないように、壁向きの机配置を選ばれています。机自体もシンプルなデザインなので、リビングのインテリアを損ねていません。

S様が採用しているリビング学習デスクは、大建工業の「MiSEL」。
勉強に集中して取り組みやすい幅や奥行きの机、教科書やプリント・文房具もスッキリしまえる収納、便利なホワイドボードやランドセルラックなど、リビング学習を応援する工夫がたっぷり詰まったリビング学習デスクです。

●実例についてもっと詳しく知りたい方はこちら >

●リビング学習デスク「MiSEL」について知りたい方はこちら >

リビング学習を実践する際に出てくる、「我が家ではどんな間取りやレイアウトにすればいいの?」「どんなポイントや工夫があるの?」「成績は良くなるの?」といった疑問。それらにお応えするリビング学習のメリットや学習に適している理由、レイアウトのポイントやノウハウをご紹介しました。リビング学習の人気の秘密が分かったでしょうか?
子どもが小さいうちは集中力が続かないので子供部屋で勉強をするのは難しく、リビング学習はそんな小さな子どもにとって最適な学習法です。この記事を参考にしてリビング空間を上手に活用した子どもたちにとって勉強しやすい環境とは何なのか、親子で十分に会話して協力して整えてあげてください。

リビング学習をはじめるなら スタイリッシュファニチャー ミセルリビング学習をはじめるなら スタイリッシュファニチャー ミセル